痩せている人がやっている人気ダイエット方法


あなたの周りに痩せている人は居ませんか?痩せている人は何かしらの方法でダイエットを成功させています。そのようなダイエットに成功した人は、どのようなダイエット方法を取り入れているのでしょうか?

ダイエットに成功した人がよくやっている、人気のダイエット方法について記載します。

糖質制限ダイエット

糖質制限とは、血糖値を上げる糖質の摂取を制限するものです。糖質と言えばお菓子などを想像しますが、普段主食として食べているご飯やパン、麺類などの炭水化物にも糖質は含まれています。ちなみに糖質制限ダイエットとは炭水化物制限ダイエットとも呼ばれています。

糖質制限ダイエットを行う上で、基本となる点は3つです。それは1日3食しっかり食べる事、糖質を減らす事、糖質は減らしてもカロリーは減らさない事の3つです。糖質ダイエットは糖質を抜く事ではない為、糖質を完全に除外する必要はありません。1日の糖質量を50g以下にすることが目的なのです。

また糖質ダイエットは炭水化物を減らすダイエット方法ですが、糖質は炭水化物以外にも含まれているため、知らずに摂取してしまうとせっかくの炭水化物を減らしても意味がなくなってしまいます。特に野菜や果物には糖質のイメージがありませんが、実は野菜や果物にも糖質が含まれているのです。

例えば葉物野菜は糖質が少なく、根菜やイモ類には糖質が多いことが分かっています。また果物はヘルシーで良いイメージがありますが、果糖が多く含まれているので、糖質制限ダイエットを行う上では禁止と言わざるを得ないのです。

糖質制限ダイエットではどの食材に糖質がどれくらい入っているかを把握し、1日50g以下に抑える事を覚えて実践していきましょう。

青汁やスムージーなどへの置き換えダイエット

次は青汁やスムージーを使った置き換えダイエットについてです。

置き換えダイエットとは1日の食事のうち1食または2食を、カロリーの低いダイエット食品に置き換える方法です。こうする事で1日の摂取カロリーを大幅にカットする事が出来るのです。

しかし置き換えダイエットで栄養不足になってしまった場合は体調不良や肌荒れを起こしてしまいます。そうならない為に、体に必要な栄養素がバランス良く含まれているメニューを選ぶ事が重要になるのです。

青汁もスムージーもそうですが、飲むベストなタイミングというものが存在します。ダイエットをする場合に良いとされる時間帯は就寝に1番近い食事である、夕食時です。夜食は太るとよく耳にしますが、夜は代謝が悪く食べたものがエネルギーより脂肪に変わりやすいからなのです。そのため、代謝が良くしっかりエネルギーを消費できる日中よりも、食べたものが脂肪に変わりやすい夕食を青汁やスムージーに置き換えると効率が良くなります。

また短期間で効果を出したい方は1日に2食まで置き換えダイエットをしても良いと思います。その場合、青汁やスムージーに含まれていない栄養素が極端に不足しないようにし、プチ断食と同じように長期間を行わないようにして下さい。

ライザップなどのジムダイエット

ライザップと言えばパーソナルトレーニングジムの事で有名なジムですね。特徴としてはパーソナルトレーナーがつく事、カウンセリング形式で目標設定をする事の2つです。つまり一緒にダイエットのプログラムを管理してくれるトレーナーが1人1人つくイメージでしょうか。

まずライザップの食事管理ですが、ガイドラインに食べていけない物や、食べても大丈夫な物などが細かく記載されている様です。そして食事は専属トレーナーに全て写メなどで報告する事になっている様です。その内容によってアドバイスを貰い、細かい食事の指導が受けられる様です。食事制限は1人でするとすぐにサボってしまいがちですし、知識がある程度ないと正しく行う事は難しいですが、しっかりサポートしてもらうと行う事が出来ます。

次にライザップでのトレーニング方法ですが、無酸素運動と呼ばれる筋トレのみをやるだけです。よくダイエットに取り組む方がやるジョギングや水泳といった有酸素運動はしません。そして筋トレを行う時に使用する代表的なトレーニング機器が、パワーラック&ダンベルの2つです。

ライザップは高額費用がかかりますが、専属トレーナーが1人1人についてくれるので、お金に余裕があり本気で痩せたいと思う方は利用してみるのも良いと思います。

加圧トレーニングダイエット

加圧トレーニングとは腕と脚の付け根に専用のベルトで圧力をかけて、血流を制限して行うことで低負荷・短時間で効果を出すことが可能な筋力トレーニングです。筋肉は大きな負荷がかかっていると思い込み、本来は大きな負荷でしか使わないはずの筋肉群も動員するうえ、成長ホルモンも少ない負荷に見合わない多くの量を分泌させます。これによって大きな重量を用意できない場合でも、筋肉に高負荷を与えたのと同じ効果を実現出来ます。

また加圧ウェアをつけていてもトレーニングのメニュー自体は通常の筋トレのやり方と変わりません。私の場合はだいたい2-3日おきに30分加圧しながらトレーニングを行うのですが、腕立て伏せ・腹筋・背筋・プランク・スクワットといったメニューをこなしていきます。

加圧トレーニングは筋肥大と筋力の向上が見られ、持久力の向上もプラスであります。一度に両方の能力を高めることができるので、トレーニング時間の短縮に繋がります。

以上、様々なダイエット方法を説明していきました。ダイエットには色々種類があり、自分にあったものを選び毎日続ける事で効果を実感出来るようになるので、今回説明した事を実践して続けていきましょう。