青の花茶で痩せられる?評判と効果を調べてみました

青の花茶

青の花茶の効果や評判、価格などをまとめました

青の花茶の効果の特徴

青の花茶は他のダイエットティーに比べて、どういった効果の特徴があるのでしょうか?

青の花茶の特徴は何と言っても、食事制限や辛い運動をすることなく、健康的に痩せられることです。

ダイエットには食事制限や運動によるストレスがつきものです。

自分との戦いでもあるので、挫折したことがある人も多いのではないでしょうか?

青の花茶には食事制限や辛い運動が必要ないため、ストレスなくダイエットすることができるのです。

またダイエットだけの効果ではなく、香りによるリラックス効果も見込めます。

さらに目にも良い効果があるので、疲れ目の人には青の花茶がオススメなのです。

青の花茶に含まれる成分と効果

青の花茶に含まれる成分と効果はこちらです。

甜茶、蝶豆、アマチャズル、ラフマ、メグスリノキ

【甜茶】
甜茶は甘味のあるお茶で、中国原産です。

抗アレルギー効果があり、花粉症や喘息の予防や健康維持に役立ちます。

【蝶豆(バタフライピー)】
蝶豆は、マメ科の食物で青色のハーブです。

花びらの部分が青い色をしていて、青の花茶が青色なのは、蝶豆の天然色素によるものです。

蝶豆には「アントシアニン」が多く含まれており、アンチエイジング効果があります。

「アントシアニン」は老化の原因になる活性酸素を排除する働きがあり、シワ・たるみに効果があります。

【アマチャズル】
アマチャズルはウリ科の植物で、「サポニン」という成分を含んでいます。

「サポニン」は中枢神経に働きかけて、精神を安定させる効果があります。

ストレス解消や疲労回復に役立つ成分です。

【ラフマ】
ラフマはハーブの一種で、中国に自生しています。

ラフマは血圧を下げたり、コレステロールを下げる効果があります。

【メグスリノキ】
メグスリノキは日本にだけ自生する植物で、昔から目薬の成分として利用されていました。

メグスリノキには抗菌作用があり、目の健康に効果があるとされています。

青の花茶の良い評判

青の花茶を使って効果を実感できたという、良い評判を集めました。

女性1
おやつが辞められた
毎日子供のおやつの時間に、私も一緒におやつを食べていました。気がついたら体型はまん丸で、食べるのをやめようと思いつつも、つい食べてしまっていたんです。そこで青の花茶を購入して、おやつの替わりに飲むようにしたんです。するとおやつを食べなくなってきたんです。今思えばストレス発散のためにおやつを食べていたんでしょうね。
女性2
疲れている時に飲むのがオススメ
私は疲れたときに青の花茶を飲むようにしています。仕事が結構ハードで、疲れもすごく溜まっていて…。そんなとき、青の花茶に出会いました。青の花茶を飲むと気分が落ち着き、リラックスできます。ストレスから開放される感じですね。毎日寝る前にホットにして飲むと、とても体が温まってぐっすり眠れます。おかげで翌日に疲れを引きずることがありません。ストレスや疲れが溜まっている人にオススメです。
女性3
ほんのり甘くて美味しい!
見た目からは想像できないのですが、ほんのり甘くてすごく飲みやすいです!それに美味しいので、毎日続けられています。今で1ヶ月目なのですが、すでに3キロ痩せました。食事制限や運動はしていません。青の花茶を飲んでから間食やお菓子を食べなくなりましたね。しかも見た目がオシャレなので、友達が遊びに来たときは、青の花茶を出しています。初めは色に驚かれますが、一口飲むと「美味しい」と言われています(笑)
女性4
疲れ目がマシに
仕事柄パソコンを1日中使用しているので、どうしても目が疲れてしまうんです。目薬をしても疲れ目は良くならず、頭痛になることもあるので困っていたんです。ネットでたまたま青の花茶を見つけて、ダイエット効果だけでなく目にも良い成分が多く含まれているということなので、購入しました。2週間ほど飲み続けて、疲れ目がいつもよりマシになりました。翌朝起きたときも、目の疲れを感じることがありません。青の花茶のおかげです。

青の花茶の評判を見ると、効果を実感している人が多くいるのがわかりますね。

ダイエット効果を実感している人もいれば、リラックス効果を実感している人もいます。

また目の疲れが改善するというのは、日頃から目をよく使っている人からすると、とても嬉しい効果ですね。

青の花茶の悪い評判

青の花茶を使って効果を実感できなかったという、悪い評判を集めました。

女性1
痩せない
青の花茶にダイエット効果があるということで飲み始めました。今日で4日目ですが、0.5キロ減っただけで、痩せる効果があるようには感じません。甘くて飲みやすく、おしゃれな感じがあります。あと疲れが溜まりにくくなった気もしますね。でも痩せる目的が1番だったので残念です。
女性2
色がちょっと…
青の花茶は、友達に勧められて購入しました。「色が青い」とは聞いていたのですが、本当に青色で驚きました。着色料は含まれていないということなのですが、今までにない感じがちょっと怖くて飲めませんでした。青の花茶の見た目(色)が気になる人は向いていないかもしれません。

青の花茶の評判をみるとあまり効果を実感できていない人もいます。

悪い評判の多くは、短期間で効果を判断している人のようです。

青の花茶の効果は1ヶ月ほどで現れている人が多いので、最低でも1ヶ月飲むことをオススメします。

また色が独特で青色のお茶ですので、あまり気が勧まないという人もいるようですね。

青の花茶の青色は、天然由来の成分で、着色料が含まれていません。

ですので心配する必要はないでしょう。

青の花茶の飲み方

青の花茶の飲み方
青の花茶の効果をより実感するために、正しい方法で青の花茶を飲みましょう。

ティーパックを1袋、ティーポットに入れ、150mlの沸騰したお湯を注ぎます。

3分間ほど放置していると、青い色に変わっていきます。

温かいまま飲みたい人は作った後すぐに飲めますし、アイスで飲みたい人は作った後に冷蔵庫で冷やしてから飲むと良いでしょう。

開封した後は、袋のチャックをしっかり締めて保管しましょう。

青の花茶のよくある質問

青の花茶を購入する前によく上がる質問と、その答えを記載します。

[質問1] 青の花茶をどれくらいの期間飲めばダイエット効果が現れますか?

[回答1] 個人差があるので一概には言えませんが、多くの人は1ヶ月もすれば効果を実感しているようです。

[質問2] 青の花茶に砂糖や甘味料は入っていませんか?

[回答2] 青の花茶はノンシュガーです。甘く感じるのは、青の花茶に含まれる天然成分由来のものです。

[質問3] 青い色をしているのですが、着色料は入っていませんか?

[回答3] 青の花茶の主成分でもあるバタフライビーには、アントシアニンという成分が含まれています。アントシアニンの天然色素が青いので、青いお茶になります。着色料は含まれていませんので安心して飲めます。

[質問4] 青の花茶はいつ飲めば良いのでしょうか?

[回答4] 青の花茶を飲むタイミングに決まりはありません。ですので好きなタイミングで飲むことができます。ノンカフェインですので、寝る前に飲んで寝付きが悪くなるということもありません。

青の花茶の価格

青の花茶の公式サイトでは、青の花茶を何円で販売しているのでしょうか?

青の花茶は、1個「5,680円」で販売されています。

定期コースも用意されており、「初回980円」で購入可能です。

定期コースは2回目以降も割引が適応され、13%オフの「4,580円」で購入可能です。

初回を除いて3回の継続が必要になりますが、4ヶ月以上飲み続けた人の96%以上が効果を実感しているため、丁度良い回数と言えるでしょう。

青の花茶の副作用について

青の花茶はダイエット効果や便秘解消の効果があるり、独特な青色をしたダイエットティなので、何か副作用があるのでは?と思っている人も多いことだと思います。

青の花茶に含まれている成分は、すべて安全性が確認されているものばかりです。

また色が青色なのは、バタフライビーに含まれているアントシアニン天然由来の成分色素で、着色料は含まれていません。

ですので副作用の心配をすることなく飲むことができます。

ただしアレルギー体質の人は、青の花茶の原材料を確認してから飲むようにしましょう。

青の花茶に関するツイート

青の花茶に関してつぶやかれているツイートを引用します。

スモールボールでくびれ作りエクササイズ(青の花茶の紹介動画とは違います)
https://youtu.be/W79H26YaIds

青の花茶の販売会社

青の花茶を販売している会社に関する情報は下記の通りです。

商品名:青の花茶
価格:定期コース初回980円
販売会社:株式会社メディアハーツ
販売責任者:小笠原 圭太
所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-4
メール:support@myfabius.jp